バストアップとダイエット

女性の半数以上の人が、過去にダイエットを行った経験があるといわれています。
日本は食文化が豊かな国なので、和食、洋食、イタリアン、フランス料理、ブラジル料理など世界各国の料理を楽しむことができます。
なのでつい食べすぎてしまい太ってしまうという経験は誰もがあるでしょう。

女性にとって永遠のテーマともいえるのがダイエットです。
スタイルがいい女性をみると憧れをもったり、好きな服やファッションを楽しみうことができます。
特に年齢とともに新陳代謝が衰えてしまい痩せにくくなってしまいます。

しかしダイエットを心掛けている人の多くは、バストはそのままの状態と保ちたいと望んでいます。
ダイエットをすると多くの人が胸も小さくなってしまったと悩んでいます。
ダイエットでは、脂肪を燃焼することで体重の減少や体脂肪を低下させます。
そのため脂肪が多いバストは最初に減少しやすいといえます。

そのためダイエットとバストアップを同時に行うことは難しいです。
そこでなるべくバストアップに効果的な食材で低カロリーの食品を摂取することがお勧めです。

選ぶ食材の条件は、高たんぱく、低脂質、低糖質のある食品を選ぶことです。
100g当たり三つの成分が豊富に含まれている食材はサトイモややまといもです。
どちらも粘り気があり食材で、サトイモやすりおろす前のやまといもは食感もあり食べ応えもあります。
特にやまといもは糖質が0gなので安心して摂取することができます。

その他にも枝豆やソラマメなどの豆類、鮭や鳥のささみ、豚レバーなども条件に適している食材です。
また鶏のもも肉も皮を取り除けば、脂質が抑えられ条件に適合します。
また魚介類の中でも、サザエ、ほたて、牡蠣などの貝類は高たんぱくにも関わらず脂質が少ないためお勧めです。

食材以外では、ダイエットとともにバストアップを意識した運動を取り入れるようにしましょう。
バストアップには、大胸筋を鍛えることも重要です。
大胸筋はバストを持ち上げるように支える効果があります。
筋力が向上すると新陳代謝も向上してダイエットも効果も期待できます。