バストアップと脱ストレス

若い世代から年配の人まで、ストレスをためやすい時代になっています。
ストレスには大きく分けて2つに分かれます。
それは肉体的なストレスと精神的なストレスです。

肉体的なストレスは過労や病気、激しい運動などによってストレスが体内に蓄積しやすくなります。
それに対して精神的なストレスは、家庭や仕事、子育てや人間関係などの悩み事を抱えれば抱えるほどストレスを抱え込みやすくなります。
ストレスが蓄積されるとバストアップの妨げになっていると知っているでしょうか。

ストレスが体に与える影響は大きく、精神的なストレスは自律神経との関係がとても強いです。
自律神経は交感神経と副交感神経のバランスが保たれることが重要です。
ストレスがたまると常に交感神経ばかりが過敏な状態になり、体が緊張状態になってしまいます。

この状態が長く続いてしまうと、まず血流が悪くなってしまいます
血流が悪くなると、体の隅々まで必要な栄養を送り届けにくくなってしまいます。
そのためバストにも必要な栄養素が届きにくくなり、バストアップの妨げになります。

また自律神経の乱れは血流だけではなく視床下部が正常に働かなくなり、女性ホルモンの分泌の指令を出しにくくなります。
女性ホルモンは乳腺の発達を促進させて、乳腺の周りの脂肪細胞を増加させてバストアップにつながります。
しかしその元となる女性ホルモン自体の分泌量が減ってしまうと、乳腺の成長が思うようにいかずバストアップにつながらなくなってしまいます。
思うようにバストに脂肪がつきにくくなり、バストアップ効果が得られません。

一番の解決法はストレスため込まないことですが、現代社会においてストレスを全く感じないのは無理があるといえます。
そこでストレスをため込まないための独自の解消法を身につけておきましょう。
また好きなことを優先してやるようにすることで、ストレスを感じていたことを一時的でも忘れることができます。
以上のことから脱ストレスをすることで、バストアップの効果が期待できるといえます。