バストアップとエストロゲン

女性の体の変化は、一生のうちターニングポイントがいくつかあります。
それは初潮、妊娠、出産、閉経、更年期障害など女性の体に大きな変化をもたらします。
この変化と深い結びつきがあるのが、女性ホルモンです。

女性ホルモンについて 聞いたことがあっても詳しく知らない人が多いのが現状です。
女性ホルモンには、エストロゲンとプロゲステロンの2つのホルモンがあります。
エストロゲンは生理の終わりごろから排卵する前までに分泌量が多くなります。
それに対してプロゲステロンは、排卵後から次の生理が来るまでの間に分泌量が多くなります。
基礎体温を付けている人は、低体温の状態にエストロゲンが分泌され、高体温の時にプロゲステロンが分泌されていると判断できます。

それぞれ女性ホルモンの働きが異なり、エストロゲンは女性らしい体の形成に大きく関わってきます。
プロゲステロンは妊娠しやすい体を作りあげるために重要な働きをしています。
この二つの女性ホルモンで、美容効果を高めるために摂取しなくてはいけないのがエストロゲンです。

エストロゲンは年齢とともに減少してしまい、皮膚や骨、脳の働きの老化だけでなくバストアップの妨げになってしまいます。
エストロゲンは、乳腺の発達に効果があります。
乳腺の周りには脂肪細胞があり、乳腺の発達とともに細胞が増加していきます。
細胞の増加がバストアップにつながるといえます。

体内のエストロゲンを増やすためには、エストロゲンに似た働きをする成分を摂取するのが効果的です。
エストロゲンに似た働きがあるものとして、大豆イソフラボン、プラセンタ、プエラリアなどがあります。
食品で摂取できるものやサプリメントや医療機関でしか接種できないものまで、幅広くあります。

バストアップに効果的なものとして、生活スタイルに取り入れやすいものを選択しましょう。
食生活で取り入れるのであれば、大豆イソフラボンを含む大豆加工品を摂取することがお勧めです。
手軽に摂取したい人には、サプリメントの活用がお勧めです。
エストロゲンを豊富にすることでバストアップ効果を期待しましょう。