バストアップとコラーゲン

バストに対する悩みは、年齢を重ねるごとに代わってきます。
思春期ごろは周りの友達とくらべて、大きな胸に憧れを持った人も多いでしょう。
また妊娠出産をして授乳をすると、乳腺の発達などによってバストサイズが大きく変化します。
また年齢を重ねるごとに女性ホルモンが減少してしまうため、胸が垂れたり胸がしぼんでしまう人が多いでしょう。

バストの悩みに一つにバストのハリがないと感じる人が増えてきています。
年齢による老化現象の一つでもありますが、若い世代でもハリを感じない人も増えています。

そこでハリのあるバストを取り戻すために効果的なバストアップ法はどのようなものでしょうか。
ハリを取り戻すために効果的な成分は、コラーゲンの摂取です。
コラーゲンというと美肌に効果的というイメージがあります。
それがバストアップとどのような関係があるのでしょうか。

コラーゲンには細胞と細胞をくっつける働きがあります。
そして肌の水分量を保ったり、弾力性を高める働きがあります。
20代にはコラーゲンが豊富に体内で形成されていますが、年齢を重ねるごと現象してしまいます。
コラーゲンの摂取量が増えることで、バスト弾力性も高まりバストアップにつながります。

またコラーゲンの摂取は、垂れ下がってしまったバストに対してバストアップの効果も期待できます。
なぜならコラーゲンはバストを吊りあげる働きがあるクーパー靭帯を作りあげているからです。

そのためコラーゲンを摂取するとクーパー靭帯が強化されて、バストのトップの位置が上がりハリのあるバストになります。
コラーゲンは、牛や豚などのゼラチン、牛スジ、軟骨、フカヒレ、さんま、ぶりなどの食品から摂取できます。
またコラーゲン入りのサプリメントも豊富に販売されているので、手軽に摂取することもできます。

コラーゲンの摂取はバストアップ以外にもお肌の保湿効果や関節痛の症状緩和にもつながります。
年齢とともに減少しやすいため、食事やサプリメントを活用して補っていきましょう。