揉んでバストアップ

胸を揉むとバストアップにつながるとよく言われますが実際その通りになるのでしょうか。
それは胸を揉まれているときの女性の心理と大きく関わります。
まずバストアップするためには、女性ホルモンの分泌がとても重要です。
女性ホルモンの分泌は性的興奮を感じるときに分泌量が増加します。
なので女性が胸を揉まれることで、性的興奮を感じた場合はバストアップにつながります。

このことから誰にでも胸を揉まれたらバストアップにつながるというわけではありません。
理想的なのが自分が好意を持っている相手や、旦那さんなどに性行為の際にバストを揉まれるのが効果的だといえます。
性行為ではなくても、スキンシップなどで胸を揉むなど、女性にとってドキドキと感じさせる方法であれば効果が期待できます。

これらのことを考えると特定の相手がいない人の場合、どうしたらいいのかと悩んでしまう人もいるでしょう。
そこで一番やってしまいがちなことは、自分でバストを揉むという方法です。
この方法を行ってしまうと、逆にバストを小さくしてしまう可能性が高いのでやめましょう。
なぜならバストの細胞のほとんどは脂肪でできているからです。

性的興奮を感じることなくただ胸を揉んでいると、摩擦で脂肪に熱が加わり燃焼してしまいます。
すると脂肪がなくなってしまうため、バストが小さくなってしまいます。
かといって好きでもない人に胸を揉まれても、性的興奮は感じられないため逆効果です。
たくさんの人と性交渉をすると大きくなるというのは、性的興奮がなければ逆効果になります。

それでは相手がいない場合は、自分が何でもときめくようなものがあればそれだけで十分です。
例えば片思いの男性がいたり、はまってしまうほど好きな芸能人の番組をみるなどでも構いません。
自分自身でドキドキしている、ときめいていると感じていたら女性ホルモンの分泌が活発になっています。

付き合いが長いカップルや夫婦でもマンネリ化した行為では女性ホルモンの分泌量は少ないといえます。
常にドキドキとときめくようなそんな相手にバストを揉まれるのが効果的です。