バストアップとリンパの流れ

テレビ番組で、バストアップ法を紹介している番組を見かけます。
女性にとってバストは、女性らしさを表すものとしてとても大事な存在です。
バストアップ方法の一つにリンパマッサージが効果的です。
テレビ番組でも、バストアップなのにバストとは違う部分をマッサージしているところをよく見かけます。
それはバスト周辺のりンパをマッサージしている可能性が高いです。

それではなぜリンパマッサージがバストアップにつながるのでしょうか。
女性は一日のほとんど時間ブラジャーをして胸を支えています。
ブラジャーをすることで胸の周辺を締め付けている時間が長く続きます。
これによってバスト周辺に老廃物やむくみが溜まってしまいます。
そのままの状態にしておくと血流が悪くなり、バストに必要な栄養素がお送り込まれにくくなります。
この結果バストアップを妨げ、ハリがなく垂れ下がったバストに近づいてしまいます。

このような状態を回避するためにもリンパの流れを良くすることが重要です。
リンパの流れを良くすることで、バストアップに欠かせない女性ホルモンの分泌よくする効果があります。
女性ホルモンは乳腺を刺激し、乳腺の周りの脂肪を増加させる働きがあります。

リンパの流れが集中している部分としてあげられるのが、脇の下や鎖骨周辺です。
脇の下のリンパは、最も老廃物が蓄積しやすい部分といわれています。
脇の下にあるくぼみの部分を触るとぐりぐりと感じる部分があります。
その部分を指で円を描くようにマッサージしましょう。
両脇を行うことでリンパの流れを良くすることができます。

鎖骨の部分のリンパマッサージは、くぼみの部分に指をおき外側から内側に向けてゆっくり押しながら動かしていきます。
そして今度は内側から押しながら戻るように外側に動かしていきます。
これを3往復を左右の鎖骨で行います。

このリンパマッサージを行うことで、リンパの流れをよくして血行促進につながります。
必要な栄養素をしっかり送り届けることで、バストアップ効果も期待できます。
またそれ以外でもむくみ改善や美肌効果なども同時に得ることができます。